ニュース
  • ホーム>ニュース>企業ニュース
  • 持続可能な科学研究の革新を探るために来ています!恵柏新材研究開発本部の起工式が盛大にスタートしました!

    時間:出典:管理者

    2021331日、恵柏新材料科技(上海)股份有限公司(以下、「恵柏新材」という)研究開発本部の起工式が江橋鎮虹橋新慧本部湾で盛大に行われました!これは、恵柏新材がローカリゼーション戦略の推進歩調を速め、ハイエンド複合材料業界の持続可能な科学技術の革新に新しい運動エネルギーを注ぎ込むことを示しています。







    業界の新しいエネルギーを注ぎ込みます

    江橋鎮副鎮長陳剛、生産力促進センター主任朱静菠などの鎮指導者グループ、北虹橋建設総経理沈斌、副総経理尤世清、保利物業副総経理瞿志、江橋鎮増建村呉書記、江南設計院所長余之雲、江蘇省建工グループ副総裁章建国、総経理施彬、沛山工程管理公司総経理呉崇至及び恵柏新材代表取締役楊裕鏡、取締役游仲華、総経理康耀倫などの指導者、従業員と招待されたゲストなどが共に今回の起工式に出席し、共に会社にとってこの画期的で重要な瞬間を目撃しました!


    江橋鎮副鎮長陳剛がスピーチを行いました


    江橋鎮副鎮長陳剛は党委員会、政府を代表してプロジェクトに対して熱烈な祝意を表しました。陳剛は、2010年に江橋に設立されて以来、恵柏新材料は常に自主的な研究開発、積極的な革新を堅持し、企業のコアコンピタンスを構築し、ハイエンド複合材料、特に風力発電などの新しいエネルギー材料分野のリーダー企業に成長してきたと述べました。今回、企業本部は虹橋新慧本部湾に定住しました。江橋の独特な地域優位性と高品質なポリシーサービスは、恵柏新材の新しい革新的な発展に強大な支援を提供すると信じています。


    繁栄の新しい章を開きます

    恵柏新材代表取締役楊裕鏡はスピーチの中で、2021年、恵柏新材は市場発展のニーズに応じ、生産規模および新製品の研究開発を積極的に拡大し、江橋鎮虹橋新慧本部湾に研究開発センターを設立し、技術で実力を構築し、科学技術で価値を創造し、引き続き新しいエネルギー業界で力を発揮すると述べました。


    恵柏新材代表取締役楊裕鏡がスピーチを行いました


    会社の新しい研究開発センターは敷地面積が10.1ムーであり、建築面積が1.3万平方メートルであり、総投資額が1.8億元です。新しいセンターが設立された後、CNASCMADNV-GLなどの国内および国際的な資格認証を持つ複合材料認証機関、実験室や検査機関となり、会社の新しい段階への発展スピードを上げ、新材料業界を安定的かつ広範囲に導く強力な業界リーダーになるように努力します!


    恵柏新材の代表取締役游仲華がスピーチを行いました


    恵柏新材の游仲華取締役はスピーチの中で、研究開発本部の設立が完成した後、会社の生産効率、研究開発実力や業界コアコンピタンスが大幅に向上し、 市場で急成長している消費の需要によりよく応えることができると同時に、ハイエンド複合材料業界に新しい活力を注ぎ込み、前向きで健全な発展を支援すると述べました。



    企業の新しい輝きを生み出します

    今回研究開発本部の起工式が順調に行われたことは、恵柏新材が革新的な研究開発と建設の探求において新しい一歩を踏み出したことを示しています。これは、恵柏新材がハイエンド複合材料サービスに焦点を当て、科学技術革新のブレークスルーを求め、勢いよく発展する新しい段階に着実に進み、江橋経済の飛躍的な発展を加速させることを支援することを示しています。




    将来、恵柏新材は今回の起工式を新しいきっかけとして、前向きに努力し、恵柏新材全員のたゆまぬ努力を通じて、絶対により大きな発展を実現し、より輝かしい成果を収めることができます。